HOMEこれまでの活動報告>2017年〜
   


     


 2017(平成29)年2月18日
 CPD対応講習会
 「建設業で考えるi-Constructionと働き方改革〜労働人口激減時代の働き方〜」

 一般社団法人京都電業協会(技術委員会)主催

  どの産業界でも、少子高齢化による労働力の確保は死活問題です。
  特に、今後10年でノウハウ・経験豊富な技術者が大量に退職していく建設業において、
  今の働き方で従来通りの業界が成り立つのかが問われています。
  現在、国土交通省では「ITC(情報通信技術)」を用いて建設現場の生産性を向上させ
  魅力ある建設業を目指すため、「i-Constraction(アイ・コンストラクション)」の取り組みを推進しています。
  政府が新たな指針を示す中、それに対応した業界の取り組みが求められています。
  その取り組みのためのヒントとなる情報の紹介を行いました。



(建設経済新聞、建設タイムズ、建通新聞 2017年2月21日)

  建設業で考えるi-Constructionと働き方改革 


 2016(平成28)年3月5日
 CPD対応講習会
 「クラウドを活用した業務環境の構築
  〜BCPを見据えた災害に強い中小企業の仕組みとは?〜」


 一般社団法人京都電業協会(技術委員会)主催
 
クラウドを活用した業務環境の構築     インターネット上のサーバーを利用して、
 低コストで業務の効率化が図れることで普及が進んでいる「クラウド」。
 クラウドの活用によって業務効率化を大幅に向上させることができます。
 また、地震や水害等の自然災害および突発的な事故等で
 企業が大きな被害に遭うリスクが常にあり、
 災害時のリスク管理やBCP(事業継続計画)がより重要視される昨今、
 クラウドを活用する事はBCPを効率的に進める一助となります。
 講習会では、クラウドに関する最新の知識を紹介し、
 業務の効率化に役立てていただきました。


   
(建設経済新聞 2016年3月8日「クラウド活用のBCP/北野雅史氏が講演」)



 2015(平成27)年2月7日
 CPD対応講習会
 「実践的IT 活用術で見直す現場管理業務〜入門編:知っているだけでは意味がない〜」

 一般社団法人京都電業協会(技術委員会)主催

  日常業務や工事現場においてもデータ管理の重要性が増しており、日々現場で発生する膨大な
  データをいかにして効率良く、かつ安全に管理することができるかが求められています。
  講習会では、業務の効率化やリスクを踏まえた業務手法などを身につけていただくための
  情報の紹介や実践練習を行いました。



(建設経済新聞 2015年2月10日 「現場管理にITフル活用/CPD講習で約30名が学ぶ」)

  活用術で見直す現場管理業務 



 2013(平成25)年10月19日
 CPD対応講習会
 「最新の現場管理術〜今さら聞けない現場写真管理術〜」

 一般社団法人京都電業協会(技術委員会)主催

  我流の現場写真の管理方法を見直しませんか?
  現場写真の効率的な管理方法、電子納品用デジカメデータ処理、
  ネットを利用した現場の効率化等について解説いたしました。
    ・デジタル写真ファイルの1次管理
    ・デジカメとデジタル写真管理



(建設経済新聞 2013年10月22日 「京都電業協会がCPD講習会 写真管理の役立つ方法学ぶ」)

  今さら聞けない現場写真管理術

 

Copyright ©2014,Kyoto Infomation Training Center All rights Reserved,